ホームページ~独自SSL

1. 概要

メール・Webスタンダードサービスでは、お客様が本サービスで作成したCSR鍵を使用して取得されたSSLサーバー証明書(独自SSL)を、サーバーに設定できます。独自SSLの利用には、「専用サーバー証明書設定」の申し込みが必要です。

詳しい設定方法につきましては、以下の設定ガイドを参照してください。
独自SSLサーバー証明書の設定ガイド

2. 注意事項

メール・Webスタンダードサービスで作成したCSR鍵を使用して取得したSSLサーバー証明書のみ設定できます。すでに他のサーバーのCSR鍵で取得済みのSSLサーバー証明書を設定することはできません。

3. 前提条件、制約事項

共用SSLとの併用はできません。現在共用SSLをご利用で、新たに独自SSLを設定した場合、独自SSLが優先され、共用SSLはご利用できなくなります。

4. CSR・秘密鍵の作成

独自SSLに対応するため、認証局に提出するCSR(証明書署名要求)を作成できます。
入力する項目は以下のとおりです。

鍵長 2048ビットのみ指定できます
コモンネーム(Common name) SSLホームページのURLを記載します
組織名(Organization) 会社名、学校、その他の団体など任意の組織名を入力します
部門名(Organization Unit) SSL証明書を使用する部署またはグループを記載します
国名(Country) 国名を指定します。通常はJPです
都道府県名(State or Province) 東京の場合は「tokyo」のように都や県を除いた都道府県名を記入します
(北海道だけは「道」を省かずに Hokkaido と入力してください。)
地域名(Locality) 市区町村名を入力します

作成されたCSR・秘密鍵はテキスト形式でダウンロードできます。
ファイルが生成されますので、これを認証局に提出して証明書を取得します。

ファイル名「csr.txt」

5. 独自SSL設定依頼

独自SSLオプションをご利用いただく場合には、以下の作業をする必要があります。

  • サイトマネージャーでCSRの作成
  • 証明書送付ページで証明書の送付
  • 専用SSLサーバー証明書設定のお申し込み